wordpressの4つのメリット

続いてwordpressを使うメリットを見てみましょう。wordpressのメリットは以下の通りとなります。

・デフォルトで動的ページを生成する

dragon.jpサイトは300近いコラムを掲載しています。これをmovable typeで更新していますが、高い確率で再構築作業に失敗します。もちろんサーバーのポテンシャルに左右されているのですが、何百、何千というページの再構築ではサーバーい大きな負荷がかかるのです。

こうした場合、ユーザーがアクセスする都度、ページを生成する動的ページでは再構築に関するサーバー負荷が抑えられます。サイトぼリュームが大きい時や頻繁にデザインやコンテンツ内容が変わるECサイトなどでは動的ページが向いていると言えるでしょう。ただし、その反面、動的ページはアクセスの増大には脆いという弱点もあります。また、動的ページには検索エンジンに捕捉されにくいという側面がありますが、これはパーマリンク設定を変更することで対処できます。実際に検索結果によくヒットするamazonも動的ページと見せないような工夫を施した上で動的ページを生成していますので、パーマリンク設定だけで十分SEOに対応できることがわかります。

・ユーザーが多い。

まだまだ日本ではmovable typeの知名度が勝っていますが、海外ではwordpressのシェアが高くなっています。このため、日本語でのノウハウの共有こそまだまだmovable typeにはかないませんが、世界規模で蓄積されたノウハウは膨大な量です。ほとんどが英語で書かれたものですが、そこにハードルを感じなければ是非チェレンジしてみてください。

また、wordpress関連の書籍も日本国内で頻繁に出版されるようになってきますので、導入のハードルは低くなっています。

・デザイン変更が簡単

movable typeはstylecatcherでデザインを変更することができますが、wordpressもthameの変更が簡単にできます。CSSのみが提供され雨rstylecatcherと異なり、テンプレートもうくんでhtml部分も丸ごと変更されます。

ワンクリックでサイトのデザインを変更を簡単い変えられるため利便性は非常に高いのですが、テーマによっては<meta>タグに余計な情報が含まれていたり、おかしな記述がされているケースもありますので、導入後の確認と修正は必須です。特に海外で制作された テーマだと、手直しは避けられないと考えておきましょう。

 

コメントは受け付けていません。