適切なサイト内のリンク構造とは

SEOにおいてしっかりと抑えたい項目のひとつに、サイト内のリ ンク構造がある。 検索エンジンは、サイト内の<a> アンカータグをたどりながらサイト 内をクロールしページをインデックスしていく 。そのため、まず各ページ に対してaタグでリンクを張り、ページ間をクローラーがクロ ールできるようにする。そして、アンカーテキストには、リンク先ページのテーマにな るキ ーワードが入るようにする。検索エンジンは、アンカーテキストの文字 の中にリンク先ページのテーマやトピックを示す言葉であると判断する。リンク先ページとアンカーテキス卜との関連性在高めることができるのだ。また、クロール漏れを防ぐためのサイトマップの設置や検索エンジン のクロールを意識したサイト構成も重要である。

リ ンク構造を構築するためのポイント

  1. 各ページを aタグでリンクさせアンカーテキストにキーワードを含ませる。
  2. 2階層関係にあるページのリンクを張る。
  3. 関連性のあるページにリンクを張る。
  4. 検索エンジンのクロール漏れを防ぐため、サイトマップを設置する。
  5. 検索エンジンがクロールしやすいように、なるべく階層(トップページからのクリック数)を浅くする。
  6. リンク先ページの内容とアン力ーテキストの内容を一致させることは、検索エンジン対策だけでなく、ユーザに対してもリンク先ページが何で あるかを伝えることができるため、ユーザピリティの向上にも有効である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です