ブログツールのSEO

■SEOの視点から見たブログのメリット

□ブログと検索エンジンがこう相性の理由

総務省が2006年に発表したデータによると868万人がブログを開設しているようです。この数字は各ブログサービスのユーザースの早計ですから、自前でブログを開設している人を含めればさらにユーザー数は膨らみます。アクティブユーザーはどれくらいいるのかという疑問はあるものの、数字を額面通りに受け取るならば、ネットユーザーの十人に1リハブログを開設していることになります。すっかり市民権を獲得した感のあるブログですが、実は検索エンジンとの相性がいいという一面も持っています。一時期は検索エンジン結果上位をブログが占めるほど、高いSEO効果を示していました。最も今では検索エンジンもブログ対策を立てており、ブログだからといって無条件に検索上位に表示されることはありませんが、ブログが仕組みとして検索エンジンと相性がいいことは厳然とした事実です。なぜブログと検索エンジンの相性がいいのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

 

□内部リンクが作りやすい

いわゆるホームページ制作ソフトを使ったことがある人なら理解できると思いますが、サイト内部のリンク設定はかなり面倒な作業です。1ページ追加するだけでトップページやサイドメニュー、他のページからのリンクなど全てのリンクを貼り直す必要が発生します。しかも、ページ数に比例して作業量が等比級数的に増加しますので、記事を投稿するほど、更新頻度の低下やリンク切れなどのイージーミスの増加につながっていきます。詳しくは、SEO内部対策をご覧ください。しかし、ブログツールはそういったページ追加、作業時に発生するリンク設定問題から解放してくれます。ブログツールを使うと、最初に起因とリンク設定さえできていれば、記事を投稿するごとに適切なリンクが貼られたウェブページが生成されるのです。しかもトップページ、グローバルナビゲーション、再度メニューと、内部リンクを縦横無尽に張り巡らせて導線を確保したサイトを構築することも可能です。またサイト構築後でもウェブページの雛形であるテンプレートデザインを修正して再構築するだけでほぼ全自動でリンク修正が完了します。

さらにはプラグインの導入により、はてなキーワードのように文中のキーワードに対する内部リンクを生成することもできます。

このように簡単にミスなく内部リンクを張り巡らせることはSEOでは大きなメリットとなります。

 

□被リンクを得られやすい

ブログでは記事を投稿すると、基本的に固有のURLによる静的ページが生成されます。この個別の記事ページに与えられたURLをパーマリンクと言いますが、これは被リンクを獲得するためには最低限必要なものです。

また、ブログはトラックバックという相互リンク生成機能を持っています。旧来の相互リンクと異なり、リンク対象は各ページになりますので、他のサイトやブログから関連性の高いページにユーザーを誘導することが出来間s。このように被リンクを獲得する点においてもブログは秀でています。

検索エンジンの多くは被リンクの質と量をそのサイトの価値判断基準にしています。したがって、良質な被リンクを多く獲得することが、検索順位を上げるための最良の手段であることは言うまでもありません。

 

□CSSとhtmlの分離が実現されている

SEOの基本としてhtmlないのCSSとJavaScriptは外部化して、シンプルな<head>を目指すべきという鉄則がありますが、ブログはデフォルトの状態でCSSとhtmlが分離した状態になっています。CSSだけではなくJavaScriptも外部化すればかなりシンプルな<head>が実現します。

 

□SEO対応のページが量産できるのがブログのメリット

このようにブログに特別なロジックが働いて検索エンジンと相性が良くなっているわけではなく、理由の一つ一つはごくふつうのSEO対策と重なってきます。つまり特に意識しなくても、記事を投稿するだけで自動的にSEO対応のページが生成されるのがブログのメリットというわけです。したがって、今後、ウェブサイトを構築するときはブログツールを上手に取り入れることで効率的に格安にSEO対策を打つことができますここで再確認しておきたいことはブログを構築できるブログツールはブログだけではなくコーポレートサイトやECサイトなど一般的なウェブサイトの構築にも使えるということです実際、ウェブサイトのコンテンツ更新にブログツールを導入しているケースは多数あります。ブログツールを取り込むことで、更新性に優れSEo効果も高いウェブサイトを構築しましょう。

コメントは受け付けていません。